スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士の愛した数式/小川洋子 



博士の愛した数式、小川洋子



博士の愛した数式
新潮文庫
著者: 小川洋子
出版社: 新潮社
サイズ: 文庫
ページ数: 291p
発行年月: 2005年12月

交通事故で80分しか記憶がもたない博士の元に家政婦として雇われ、仕事だけでない心の交流を描いています。いろいろな数式が出てくるのですが、数学の苦手な私には、理解しようとするのが難しかったりもして、そこのところは流し読みした部分もありました。でも、なんだか不思議。博士が愛をもって、またまるで生きているかのように数字を扱うと、なんだか本当に生きているような気持ちになります。
80分しか記憶がもたない、もてない博士のスーツにはメモがいっぱいついていて、毎朝、おきた瞬間に、博士は自分が80分しか記憶がもたないのだという現実をつきつけられるのです。でも、なんとなく、このお話の中には愛情がこもっていて、やさしい気持ちになれます。
そうそう、映画はみていないけど、やっぱり博士はずーっと頭の中で寺尾聡さんでした。


博士の愛した数式、DVD



博士の愛した数式
出演: 寺尾 聰[主演]
監督: 小泉堯史
販売元: 角川エンタテインメント
発売日: 2006年07月07日
メーカー品番: ACBD-10377
ディスク枚数: 1枚
収録時間: 117分



新生活を楽天ブックスがサポート!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。