スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まほろ駅前多田便利軒 /三浦しをん 



まほろ駅前多田便利軒 / 三浦しをん



まほろ駅前多田便利軒
著者: 三浦しをん
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 334p
発行年月: 2006年03月

東京のはずれにあるまほろ町で、便利屋を営む多田。高校生の同級生でほとんど口をきいたことがなかった行天。ひょんなきっかけで出会う二人が、便利屋の依頼を受ける中で、あきらかになっていく過去。二人とも、人生の中に暗いものを持ちながらも、孤独の中で生きながらも、お互いを助け合うようになっていく。いろんな事件にまきこまれながら、誰かに必要とされること、そんな生活の中にも希望をみつけることができるということができるということ。
なんだか、とっても心あたたまる、あ~よかったなって思える1冊でした。



風が強く吹いている / 三浦しをん



風が強く吹いている
著者: 三浦しをん
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 507p
発行年月: 2006年09月

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。