スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとり日和/青山七恵 






ひとり日和
著者: 青山七恵
出版社: 河出書房新社
サイズ: 単行本
ページ数: 169p
発行年月: 2007年02月

タイトルから、独身女性の話?などと想像していたのだけれど、若者(女性)が母の知り合いのおばあさんと暮らす。なんとなく生きている、目標もとくになく、だたなんとなく暮らしている。おばあさんと暮らすことで、嫌なところやつまらなく思えたそんな生活がだんだん大切なものに思えてくる主人公の気持ちがほんわかできる。そして、すこしづつ主人公が成長していく姿も何気なく描かれていた。
気負いがなくて、なんかこちらもやさしい気持ちになれたように思える。そうそう、これは芥川賞受賞作品なんだよね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。