スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金閣寺/三島由紀夫  



金閣寺改版 /著者: 三島由紀夫
新潮文庫

1950年7月におきた金閣寺放火事件を扱った1冊。吃音という劣等感をもつ少年が、どんなときも心にある金閣寺を放火するという行いにいたるまでの心の有様を描いている。
彼にとっての金閣寺という存在について、心理描写が繊細で深く、一筋縄ではいかない人の奥深い心理というもの表現の仕方がすごいと思った。
そういえば、三島由紀夫の本をきちんと読んだことがないように思う。彼自身の人生と心理というものにも非常に興味をおぼえました。

金閣寺 北山鹿苑寺



「三島由紀夫」とはなにものだったのか/ 橋本治
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。