スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切羽へ/井上荒野  

第139回直木賞受賞作井上荒野さんの切羽へを読みました。
小さな島の中の暮らし、夫婦、愛人、新任教師。主人公とまわりとのかかわりあいなどが、静かに淡々と語られていきます。夫婦のあやうさだけでなく、人間同士のかかわりあいのあやうさをすごく感じました。淡々と過ぎてゆく日々の中にの雰囲気や匂いを感じる小説でした。

ああ、なんか恋したいなって思いました。




切羽へ 著者: 井上荒野
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。