スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の男/桜庭一樹 



私の男 著者: 桜庭一樹

正直なところ、あまり好きな内容ではなく、その上、あまりにも一般常識的化してしまっているこの私にとってこの愛は理解できなかった。若干、キモイくらいな気持ちでした。
それくらい深い愛情なのか、それとも寂しさをまぎらわすものなのか・・・よくわからない。この内容に心をとらわれるときが私にくるだろうか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。