スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤高の人/新田次郎 

実在の人物 登山家・単独行の加藤文太郎のストーリー。
神戸の会社に製図工として働きながら、単独、山に登る。
結婚して間もなく、初めてパーティを組んで山に登り、遭難。
翌春、遺体が発見された。
とにかく破天荒なすごい人だなっと思ったのと同時に、初パーティを組んで登った山で遭難とは、なんかとても皮肉だなーっと思いました。本当は、もっとすごい登山家になっていたのではないでしょうか。
そして、山の厳しさも感じると同時に、結婚して子供が生まれたばかりだったのに・・。

とにかく、読み進めるのがおもしろくてたまらない1冊。


スポンサーサイト

劒岳〈点の記〉新装版 /新田次郎  



劒岳〈点の記〉新装版 /新田次郎


映画になっていて気になったのがこの1冊。劒岳山頂に三角点を設ける仕事をする測量官の柴崎芳太郎たちのお話。登れないといわれたこの山に、命をかけ、困難と闘いながら達成していく様が描かれている。三角点なんて、なに?と私はなにもしりませんでしたが、こうした仕事のおかげで今があるのですね。映画もみてみたいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。