スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根をもつこと、翼をもつこと/田口ランディ 


根をもつこと、翼をもつこと

著者:田口ランディ
出版社:晶文社
サイズ:単行本/292p
発行年月:2001年10月

なんと初めて田口ランディさんの著書を手にとりました。
「根をもつこと」って何だろうって思ったの。根にもつとかそんな意味の軽いエッセイかななどと思って読み始めた。根とは、ルーツのことだった。誰しも親がいて、またその親がいて、ルーツのいない人間はいない。
だから翼をもって飛び立とうとも、必ず戻るところがある。ルーツがあるから、飛び立てる。
田口ランディさんがこの本で書いていることや、思ったこと、感じたことに私はとても好感がもててしまう。きれいごとで書いてないし、なにより横柄でなくて、おしつけがましくない。そして、一つ一つの意味や理由をそのたびに考えている。
私、この人の書く姿勢が結構好きだな。それに、すごく好奇心旺盛な人だなっと感じた。

田口ランディ公式ホームページ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。