スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸の鼓 春日局の生涯/澤田ふじ子 



江戸の鼓 春日局の生涯/澤田ふじ子


春日局というと、強い女、権力のある女となんだか勇ましいイメージがあります。この本を読んだ限りではそういうイメージはあまりありまでした。今でいえば、浮気者の旦那に愛想をつかし、一人生きていくことを決め、縁あって家光の乳母となり、時代を生きていった一人の女性でした。
1冊にまとめられているので、もっと深く知りたいなと感じました。



スポンサーサイト

真田十勇士/ 村上元三  



真田十勇士/ 村上元三


名将真田幸村の下、それぞれのキャラクターごとに様々な活躍をみせるヒーローたちです。仲間が仲間をよんでいく、幸村の人に惚れて個性をもつヒーローたちが集まって行くわくわくするお話です。

猿飛佐助(さるとび さすけ) 、霧隠才蔵(きりがくれ さいぞう) 、三好清海入道(みよし せいかい にゅうどう) 、三好伊三入道(みよし いさ にゅうどう) 、穴山小介(小助)(あなやま こすけ) 、由利鎌之助(ゆり かまのすけ) 、筧十蔵(かけい じゅうぞう) 、海野六郎(うんの ろくろう) 、根津甚八(ねづ じんぱち) 、望月六郎(もちづき ろくろう)






龍馬を超えた男小松帯刀 /原口泉  

大河ドラマ篤姫を見ていたら、あまり知らなかった小松帯刀という人物がとても活躍しているのだ。この時代に下級武士ともかまえず付き合えて、柔軟な発想ができるというなかなかすごい人材だっと思って、この本を読んでみました。
小松帯刀がいなかったら、大政奉還もうまくいかなかったかもしれないし、薩摩をうまくまとめた地味だけど、実はすごい活躍をした人だとわかった。本当、今の時代にこのような人がいたら、今の政治を世の中をどう変えてくれたのだろう。江戸末期から明治維新と、時代を変えようとした、また守ろうとした、自分たちの命をかけて日本のために働こうとしたこの時代の偉人たちの志を、今の時代もってる人がいるのかな・・・・。



龍馬を超えた男小松帯刀

天と地と/海音寺潮五郎  

カリスマ的な存在の上杉謙信の物語。先日、川中島の古戦場にいったこともあり、武田と上杉の本が読みたくなりました。信玄については、過去に何冊が読んだことがありましたが、上杉謙信については案外何もしらないなーって思いました。

この本をよんでいろんな葛藤があったものの、やはりlこの人は、ちょっと謎めいた部分もあり、戦術についてはおおざっぱだったのだなーっと感じました。
来年の大河は、直江兼続です。これもまた楽しみですなー。






坊ちゃん/夏目漱石 




坊ちゃん、夏目漱石

坊ちゃん
夏目漱石

我が輩は主婦であるの主婦にのりうつった夏目漱石。そういえば、私、夏目漱石・・・我が輩のことってあんまり知らないなっと思っていた。そして、NHKでやっている週間ブックレビューで夏目漱石坊ちゃん100周年記念ということで、司会者の方が松山、道後温泉を訪ねていた。おおー、というわけで久し振りに夏目漱石の「坊ちゃん」を読んでみた。

おお、なにはともあれ、無鉄砲で、かなりの毒舌な坊ちゃんが、松山で教師として働いていく。成長してるのだか、どうなんだかわからないようなうちに、なんだか結構ちゃんとしてるじゃん、みたいな軽いノリでした。でも、嘘つけない、正直者、いやなものは嫌、正義感が強い、ぶっちゃけトーク。こうして生きていけたらすごくいいなー、とか思っちゃうね。でも、なんだかんだいって清のこと大切にしていたり、心のよりどころになっていたりして、そんなところがあったかくていいな。こんな日本人、昔はいっぱいいたのかなー。なんだよ、こいつ!みたいな文で、勢いがあって、リアルでおもしろかった。

そんなわけで、100周年坊ちゃんを記念して、道後温泉に行きたい私です・・・。





ザ・漱石現代表記版
全小説全一冊
著者: 夏目漱石




御三家の黄金 上・下/南原幹雄 



御三家の黄金、南原幹雄

御三家の黄金
著者:南原幹雄

御三家に伝わる家康からの形見分けである名刀。
家康の埋蔵金のありかが、名刀3本に書かれた言葉にヒントが隠されている。財政困難となりつつ御三家がその名刀を全部集めようと奪い合いが繰り広げられる。財政困難は幕府も一緒。実は、幕府も動いていた!
財政困難だからその名刀を奪って埋蔵金を独り占めしようという、結構あさましい内容ではあるのですが、隠密やらが活躍して、なかなかおもしろかった!
そして、その上下関係、絆の深さ、またまた、隠密の盗みの技がすごいよ。

ちょっと復習♪
御三家:家康の第9子義直を祖とする尾張家、第10子頼宣の紀伊家、第11子頼房の水戸家。

江戸の怪奇譚 人はこんなにも恐ろしい/氏家幹人  





江戸の怪奇譚
人はこんなにも恐ろしい
The new fifties
著者:氏家幹人
出版社:講談社
サイズ:単行本/246p
発行年月:2005年12月

江戸時代は文化が華やかでおもしろくて大好きな時代なのですが、この時代のまやかし・妖怪なんかもいてくれたらいいなっと実は思っているわけなんです。ちょっと人がよかったり、お人よしだったり、それこそ身の毛のよだつ恐ろしいものまでお話としてはとてもおもしろいと思います。
この本は、その妖怪や摩訶不思議なお話を、とっても現実的にそれこそ人間のきたないおそろしい姿であることを実証しております。
いやはや、そう言われてしまえば、そのとおりだと思うし、そういう人間の怖さを昔の人がこうして妖怪話やまやかしものとして残しているというのが、またまたすごいなっと思うわけです。
本当に、いまでも恐ろしい事件がおきているし、そういうのが昔は妖怪が出た!などといって人々の噂になっていったのでしょうね。
人間の怖さをつくづく感じるばかりでした。

戦国幻想曲/池波正太郎 


戦国幻想曲

戦国幻想曲
新潮文庫
著者:池波正太郎
出版社:新潮社
サイズ:文庫/603p
発行年月:2000年09月

槍の勘兵衛といわれた豪傑 渡辺勘兵衛のストーリー。
前に一度読んだ事がありましたが、久しぶりに池波正太郎を読みたくなって
手にとった1冊。織田信長の子「信忠」を救い、目をかけられるも、信忠が
戦死。放浪生活、いろいろな殿に仕え、その忠義、また槍使いのうまさから
出世していく様を描いています。
今の世にもこんな武将がいたならなあ・・・と思います。
さすが、池波正太郎の歴史小説は、おもしろくわくわくしながら、読むことができます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。