スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い月(上・下)/なかにし礼 




赤い月 なかにし礼



赤い月(下)


なかにし礼さんのお母さんをモデルに書かれた1冊だそうです。多くの日本人が中国に渡り、満州での生活、ソ連が侵攻してきてからの逃げていく様などが描かれております。映画では、常盤貴子さんが演じていました。これは見てませんが・・・。
戦争の悲惨さや、主人公の波子の生にしがみつき生きていく様が描かれている。うーん、と思ってかりてみたのですが、心にどーーんとやってくるものがなく、なんか、なんだろう・・思っていたよりもさっぱりしすぎている気がしました。これは期待するものが大きかったからかな。
物足りなさを若干感じてしまうのはなんだろう・・・。






スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randokunote.blog44.fc2.com/tb.php/101-bc4cdf66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。