FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おれの足音/池波正太郎 

日本人が大好きな赤穂浪士の仇討の物語。
テレビでも歌舞伎でもたくさんやっていますね。
あのストーリーは誰でもが知っているし、仇討までのストーリーは日本国民なら知らない人はいないのでは?ないでしょうか。
だけど、大石内蔵助の若かりし頃どうだったかなんてあまり知らない。この本は、大石内蔵助が成長し、どんな時代を過ごして、結婚し、仇討までを行ったかに焦点があわせてあります。大石内蔵助に焦点があわさっているのです。
これまた、池波正太郎先生の書いた本ですから、ヒーロー的でなく、ヒーローではあるけれど、そりゃそりゃ、人間味が加わって、おもしろかったです。
このあと、泉岳寺に初めて行きました。ああ、本当にあったことなんだっという実感がさらにわいてきました。

おれの足音(上) 池波正太郎
おれの足音(下)




スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randokunote.blog44.fc2.com/tb.php/114-483f877e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。