スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重力ピエロ/伊坂 幸太郎 

父、母、兄弟の関係。悲しい事件。その結果うまれた弟。産むという決断をした両親。
世間。母の死。
そして、放火という事件。
いろいろ複雑に重なりあっていて、とても深い。
小説として、よい作品だと思った。押しつけがましいところがなく、そして、家族が見えないけれど深い愛情につつまれており、救いがある。
 


スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randokunote.blog44.fc2.com/tb.php/129-06830a84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。