FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそめ 伝説の銀座マダムの数奇にして華麗な半生/石井妙子 





おそめ、上羽秀、京都、銀座マダム、石井妙子

おそめ
伝説の銀座マダムの数奇にして華麗な半生
著者:石井妙子
出版社:洋泉社
サイズ:単行本/366p
発行年月:2006年01月


上羽秀という一世風靡した銀座のバーのマダムの半生。夜の蝶のモデルとされた女性だ。京都に生まれ、祇園の芸妓となり、銀座に進出して銀座の有名マダムとなっていく様、また時代とともに店を手放し、事実婚の夫 俊藤浩滋との長きにわたる生活、本妻の娘藤純子のことなども書かれていて、とても興味深く、おもしろく読ませてもらった。
また、このおそめを中心に、その時代に生きた有名な粋な男達のかっこよさも感じられ、時代というものを感じないではいられない。おそめの周りに、なぜか真の男達が集まってくるのだ。なんと!うらやましいこと!何枚か写真が掲載されているのだが、楚々とした上品な顔立ち。白州次郎や、川端康成などとの写真も掲載されている。いまや、あこがれる人も多いだろう白州次郎もおそめを贔屓にしていたそうだ。
著者は、この本がはじめてのノンフィクション作品だそうだが、ひとつも飽きることなく読むことが出来た。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randokunote.blog44.fc2.com/tb.php/25-7fa50733

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。