スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊流し/さだまさし 


精霊(しょうろう)流し/さだまさし
出版社: 幻冬舎
サイズ: 文庫
ページ数: 491p
発行年月: 2003年08月

とても心があたたまるやさしくなれるようなストーリー。主人公の雅人はさだまさしさんなのかな?父母、家族、親戚、友達、戦争、原爆、精霊流しなどストーリーがいろいろあるようで、最後はつながる。
気持ちが暖かくなる1冊。さりげないけれど、とても心に残りました。映画にもなっているようです。今度見てみよう~!


ベスト・フォーク100 ~青春のFOLK&POPS~


眉山


スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randokunote.blog44.fc2.com/tb.php/67-28f2548c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。