スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天と地と/海音寺潮五郎  

カリスマ的な存在の上杉謙信の物語。先日、川中島の古戦場にいったこともあり、武田と上杉の本が読みたくなりました。信玄については、過去に何冊が読んだことがありましたが、上杉謙信については案外何もしらないなーって思いました。

この本をよんでいろんな葛藤があったものの、やはりlこの人は、ちょっと謎めいた部分もあり、戦術についてはおおざっぱだったのだなーっと感じました。
来年の大河は、直江兼続です。これもまた楽しみですなー。






スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randokunote.blog44.fc2.com/tb.php/81-a704c678

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。